妊娠線はケアで防げる~保湿クリームがキーアイテム~

レディー

肌のひび割れ対策

クリーム

妊娠線のように肌のひび割れ症状によって引き起こされる問題は前もって対策を打っておくことがポイントとなります。おすすめなのが肌の保水力を高める保湿クリームの活用です。これによって肌の柔軟性を高め、ひび割れ症状を未然に防ぐことができます。

View Detail

良い効果が望める

女の人

ビタミンCを効率的に肌に取り込むために、ビタミンc誘導体が出来たきたのです。ビタミンc誘導体には、美白効果や抗酸化作用など素晴らしい機能がたくさんあるのです。でもたっぷりつけすぎると乾燥肌の人には刺激が強いので、注意をすると良いでしょう。

View Detail

産前産後にも肌ケアを

クリーム

一生消えない「あかし」

子供を産んだ経験を持つ女性にとって、そのあかしとも言えるのが妊娠線です。妊娠線とは妊娠後にお肌の表面にあらわれる筋のことをいいます。妊娠を経験した女性の約7割に発生しているという調査結果があります。妊娠線が一番できやすい場所は腹部で、お腹が大きくなるにしたがって目立つようになってきます。他にはおしりや乳房などにもできることがあります。最初はほんのりと赤みを帯びていますが、その後は徐々に白くなってきます。出産後はだんだん目立たなくなっていきますが、消えることはありません。妊娠線は一時的なかゆみを覚えたりするほかはこれといった症状がないので、外見上の問題を除けば特に心配する現象ではありません。また、最近では妊娠線を目立たなくするクリームなども出回っており、出産後も気がねなく肌を露出したいという女性を中心に人気を集めています。

目立たなくすることは可能

胎児が成長するにしたがって女性のお腹はどんどん大きくなっていきますが、これに伴って皮膚はどんどん引っ張られていきます。この時、表皮部分は比較的柔軟なため十分に伸びることができますが、その伸びに対応しきれなくなった皮下組織に亀裂が生じることがあります。これが肌の表面に透けて見えるのが妊娠線です。妊娠線は事前にきちんとケアをすることである程度は予防できます。具体的には、体重増加に気をつけることとスキンケアを入念に行うことです。皮下脂肪は皮膚に比べると柔軟性に乏しいので、脂肪を蓄えすぎないように注意します。また乾燥肌はダメージを受けやすいため、先に述べたクリームなどで保湿に努めます。専用クリームの中には保湿成分の他にビタミンCなどの肌の再生を促す成分を含んだものがあります。そうしたクリームであれば、産後に妊娠線を目立たなくするためのアフターケアにも利用できます。

人気の基礎化粧品とは

化粧水

子育てや仕事が忙しい場合など、毎日のスキンケアがしっかりとできない場合に知っておくと便利なのがオールインワンゲルです。オールインワンゲルの特徴は数種類の基礎化粧品が1つに濃縮されているという事です。忙しい方でも簡単にスキンケアができようになっています。

View Detail